×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠線とは? 妊娠線予防するには? 妊娠線予防クリームの購入ページ

妊娠線について

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っています。

妊娠してお腹などが大きくなるにつれ、表皮は伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため亀裂が生じ、幅数ミリ前後の赤紫の線、つまり妊娠線ができます。

また、皮膚が伸び広がるだけでなく妊娠中増加する副腎皮質ホルモン(コルチコステロイド)も妊娠線をできやすくします。

お腹の膨らみが目立ってくる6,7ヶ月頃よりでき始めてくるもので、妊婦の半数以上にみられるとの報告もあります。そして一度できてしまうと完全に元には戻りません。

なお、お腹の妊娠線はよく知られていますが、その他乳房、上腕、太腿、おしりなどにもできます。

妊娠線が出来やすいタイプ、こんな人は要注意!!


☆ 皮下脂肪の厚い人 ☆

☆ 小柄でお腹が突き出やすい人 ☆

☆ 双胎、多胎妊娠  ☆

☆ 経産婦 ☆


予防のポイント

1.体重コントロール 急激な体重増加は避けましょう。妊娠中の体重増加は10kg以内にしましょう。
2.適度な運動 皮下脂肪のつきにくい体にするためにおこないましょう。(ただし、無理のない程度でおこなってください)
3.入浴 お風呂につかることで皮膚の血行をよくしましょう。
4.腹帯やガードルの使用 適度に腹部を支え、急激に皮膚が伸展することを防ぎましょう。
5.そして肌に潤いを保つ 皮膚に水分を与え乾燥を防ぐことは皮膚の亀裂を予防する効果があります。妊娠線のできやすい部分(下腹部、乳房、おしり)などに保湿クリームを優しく塗りましょう。クリームを塗る際に死角になりやすい腹部の下側や乳房をチェックしましょう。
※ 以上の注意事項を守っても妊娠線が出来てしまうこともございます。

キャリネス(calinesse)の特徴・有効成分について

現在市販されている妊娠線予防クリームのほとんどは皮膚表面の保湿機能を強化したものです。しかし、妊娠線は皮膚表面の表皮ではなくその下の真皮に発生します。 そこでCALINESSE BODY CREAMは保湿だけでなく、ハリと柔軟性に関与する弾力成分を強化しています。       
     1.ハリと柔軟性のある柔らかいお肌へ  ハリを与えるシラノール誘導体(アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン)を高濃度で配合。  その他に、油溶性ビタミンC誘導体、水溶性コラーゲン、女性ホルモン様作用が期待されるプエラリアミリフィカをバランスよく配合。
2.持続する高い保湿力  皮膚のバリア機能を強化する細胞間脂質類時成分である脂肪酸を配合し、スクワラン、グリセリン、ヒアルロン酸Na、ホホバ油、など贅沢に配合し持続性のある高い保湿力を実現。
3.低刺激  無香料・無着色剤、無鉱物油、アルコールフリーでお肌の敏感な妊娠中にも安心してご使用いただけます。

     

CALINESSE 誕生まで

    

2006年2月2日、美容皮膚科医の片山と、元レースクィーンの飯野が同じ日に都内の同じ病院でそれぞれ男の子、女の子を出産いたしました。


二人は母親学級で出会い、親交を深めていくなかで感じたことは、日本では欧米に比べ妊婦のイメージが素敵でなく、マタニティグッズも洗練された大人の女性の目にかなう代物ではないということです。

また、同世代の友人の間では快適な独身生活を謳歌し、「子供を産むのは自由と時間とお金を手放すこと」と妊娠に消極的な空気が蔓延していますが、実際子供を産んでみて、「子供がいるほうが絶対に人生が豊かになる」と確信しました。

家に縛られた古い日本の妊婦のイメージを一新し、ママでも新しいことにチャレンジし仕事も子育ても家庭生活も生き生き楽しめることをアピールしたいと考え、2006年10月にCALINESSEを立ち上げました。


~そして一人でも多くの女性に妊娠前と同様の美しいボディもキープしていただきたい~その第一歩がこのCALINESSE BODY CREAMです。


商品のご購入は
妊娠線予防クリーム通販にて承っています。

INFORMATION
2010-01-22
妊娠線予防についてのサイトを立ち上げました。。
2010-01-23
ベビー&キッズ用 日焼け止めクリームの紹介もUPしました。詳細はこちらから。